【老後年金】年金事務所は教えてくれない年金を賢く増やす方法3選

ざつがくじらです!
日本の年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などさまざまな種類がありますが、現在65歳から受け取る年金の一つに老齢基礎年金があります。
この老齢基礎年金は、国民年金の保険料を納めた月数によって金額が変わってきます。

そもそも、国民年金は日本に住民票のある20歳~60歳の全ての人が加入し、保険料を納める義務があります。

保険料を、国民年金加入期間全ての月数(480か月)納付すると、老齢基礎年金を満額受給することができます。しかし、加入期間内に保険料の免除期間や未納期間があると、受け取る年金額が少なくなってしまいます。

最新情報をチェックしよう!